アーティフィ空間お花好きの皆さんにお届けするコラム&ブログ

  • Updated:2015/05/22
    • MAGIQコラム

カンバスに見立てたフレームにヒマワリの花束を絵画のように飾って楽しむアレンジメント

花好きの皆様にお届けするMAGIQアレンジコラム。 お花のアレンジメントをMAGIQで作り「花のある暮らし」の楽しさを毎週金曜日MAGIQ事業推進チームが少し季節を先取りしたご提案で皆様に発信しています。

暦の上ではまだ初夏、空の雲もまだ初夏の面持ちですが、陽射しが強まって汗ばむ日も多くなる中、一足先に夏を象徴するヒマワリが目にとまり、アレンジメントに取り入れてみました。参考に開いたアートブックの有名な画家によって描かれたヒマワリに強い印象を受け制作を開始。カンバスに見立てたフレームにヒマワリの花束を絵画のように飾って楽しめる、アーティフィシャルフラワーならではのアレンジを心がけて制作してみました。

青い空と白い雲、夏の暑い陽射しに真っ直ぐ伸びる鑑賞用、油料食用ヒマワリ畑の風景。夏の代名詞として紹介されるヒマワリは見ているだけで元気が出てきます。

かつての観賞用ヒマワリの他、色合いやフォルムが一新された園芸品種が豊富に誕生。鮮やかなアーティフィシャルフラワーとしてもラインナップされています。モネやゴッホなど有名な画家が題材に選んで描かれているヒマワリも色合いや種類がたくさんあり、表情がとても豊かです。今回はカンバスに向かうイメージで、様々な種類と色合いのヒマワリを表情豊かなアレンジに仕上げてみました。

 

絵画の中のヒマワリは、鮮やかな黄色やオレンジ、そしてグリーンがかかったものや白い花びらなど、違う種類の花を合わせたような躍動感で表現されています。 今回のアレンジも様々な見せ方、楽しみ方ができるよう、アートフォームにリボン加工を施しそのままフレームに合わせたり、器でバリエーションをつけたりしています。フレームは、使い込まれた風合いに仕上げられた油彩画に合いそうな木製のアンティークフレームを2色選んでいます。

 

器は、しっかりとした強い花の印象に負けないよう、石や土のディティールを模した、オーバルとラウンドのSとMをそれぞれ用意しました。器をSとMペアで使い花束と合わせてみると、フレームとは異なる趣を楽しめます。ボリュームがある八重咲きタイプとポピュラーなヒマワリとで高低差をつけています。 そこに、グリーンがかったヒマワリの少し細い茎を活かしながら咲き姿を上や下に創り躍動感を表しています。

 

ヒマワリ畑でそのまま摘んで束ねたようなナチュラル感が程よく、スペースが限られる場所や自然な華やかさを出したいときにお勧めです。

 

フレームのなかにぴったり収めると絵画のようなアレンジの楽しみ方ができます。フレームに器をセットすることでプチブーケに立体感が生まれるので、色味やデザインで様々なバリエーションが楽しめます。さらにちょっとした変化が欲しいときにはヒマワリのクリップコサージュを足元に置いたり、アレンジに加えてボリュームを調整してもいいと思います。

夏に向けて、ぱっと気持ちが明るくなる元気いっぱいのビタミンカラーのヒマワリも、絵画的なイメージで飾ると落ち着いた印象の場所にも合わせられると思いました。フレームにセットしてMサイズのアレンジと合わせるなど、飾り方を工夫してアーティフィシャルフラワーならではの活け替えで様々な表情を楽しんでいただけたらと思います。

アレンジメントで使用したベースやお花、資材の一覧です。
(少し季節を先取りしてご紹介していますので品切れの際はご容赦ください。)

花材 作品@
ミルフリンジサンフラワー 3種
スーパーフレッシュサンフラワー 2種
ジョゼサンフラワー
シキミアボーテ
スパニッシュモス

作品A
ミルフリンジサンフラワー
スーパーフレッシュサンフラワー
シキミアボーテ

作品B
ミルフリンジサンフラワー(オレンジ)

作品B
ミルフリンジサンフラワー(クリーム)
ベース アンティークフレーム 2色(※)
プリミティーヴォ オーバル S M
プリミティーヴォ ラウンド S L
資材 アートフォーム
サテンリボン 2種
PVCテープ
台付きダブルピンロング

※アンティークフレーム

今週のお勧め資材はアンティークフレームです。少し使い込んだような仕上げのフレームは、強い陽射しが似合うヒマワリの花束を絵画のようなアレンジメントに見せたり、プリミティーヴォのような質感の花器と合わせたり、展開性に優れていると思います。

「カンバスに見立てたフレームにヒマワリの花束を絵画のように飾って楽しむ」がテーマのコラムをお読みいただき有難うございました。次回は翌週5月29日同じ金曜日に新しい作品で配信を予定しています。花のある暮らしの楽しさをお届けする「MAGIQでお花を楽しむコラム」。コラムを通じて皆様とお会いするのが楽しみです。

Copyright © 2014 TOKYODO Co., Ltd. All Rights Reserved.